介護職員初任者研修の研修講師になる方法を知る

教員研修会を受けてスキルアップをする

実務者研修教員講習会とは、平成28年度に修了になる実務者研修の研修実施機関の専任教員になる事が出来ます。介護過程3も教授出来て、子の資格で人に教えられるためスキルアップが可能です。知識技能を身に着ける事で資質能力を保持して、目的を指導力を強化する事をしています。実務者経験が3年以上が介護福祉士国家試験を受けてからなっている受験者は、実務者研修を修了する事が必須です。これにより、需要として実務者研修の教員も高まっています。

教員になるための要件はこれだ

実務者研修の教員になる要件としては、満たさないといけない要件があります。実務経験が5年以上であるか資格として介護に関する科目を教授する者である事です。これに該当する者としては、職歴が3年以上が大学の教授や准教授等や養成施設等である事や5年以上が福祉系高校の教歴である事のどれかです。一般教員の場合は、介護過程3を満たしていて実務者研修教員講習会か実習指導者講習会等を修了している事になります。医療的ケア教員講習を修了していて、実務経験が5年以上の看護師です。

カリキュラムの内容はこうなっている

介護教育方法は30時間あり、具体的な学習内容を介護福祉教育において理解します。介護過程の展開方法は15時間あり、介護実践のアセスメントと計画等展開方法を具体的に学びます。実務者研修の目的や評価方法は5時間あり、実務者研修の教育方法を学んでいきます。研修の構成や、理解として評価の在り方を学ぶのです。全科目で50時間で、これを修了した方は実務者研修教員講習会修了証が厚生労働省の定める様式によって交付されるようになっています。

介護職員初任者研修とは平成25年4月からホームヘルパー2級に代わった新しい介護職の資格です。修了試験が必須で、介護に必要な技術と知識を取得するための研修制度です。