介護福祉士へのパスポート!実務者研修とはどんな資格?

実務者研修があれば介護福祉士への道も開ける

近年法律が改正されて、介護福祉士になるためには一定の実務経験と、さらに実務者研修の修了が義務付けられました。実務者研修を終えていなければ、介護福祉士になることはできないのです。これは大きな変更だと言えるでしょう。介護の世界でより優秀な人材を輩出させるための政府の工夫です。こうした背景もあって、現在では実務者研修の受講者数は右肩上がりで伸び続けています。介護の世界に入る前に受講をしておくケースが目立ちますね。

試験ではなく講習なので誰でも取得は可能

実務者研修は、その名の通りに研修であって、試験ではありません。したがって、申し込みをして指定されたカリキュラムを終わらせれば、誰にでも取得可能なものです。試験ではないので、落ちるということが基本ありません。ただ、講習時間は膨大であって、一日で取得ができるものではありません。資格取得までには半年から一年ほどの時間がかかりますから、その点は覚悟しておく必要がありますね。介護業界に入る前の時間があるうちに済ませておくのが理想です。

この講習では何が勉強できるのか

実務者研修では、介護の基本的なことをすべて学ぶことができます。座学では基礎的な知識を叩き込んでもらえますし、実習においては効率的な作業の仕方を身に付けることができます。最低限実務者研修を済ませておくだけで、介護の世界に飛び込んでも困ることが少なくなります。利用者に満足してもらえる確率も高くなるので、介護の仕事を志望しているならぜひとも受けておきたいものの一つです。介護職員初任者研修と並んで、介護職のスタートラインだと言われています。

実務者研修を受ける事によってスキルアップを目指せますので、企業などでは積極的に研修を開催している現状にあります。