取引前にチェック!信用取引に必要なコストを理解しよう

信用取引のルールを知ろう!

株式トレードには現物株を直接取引するトレードと証券会社から株式を借りて取引する信用取引というトレードがあります。信用取引のメリットは預け入れた金額よりも大きな資金枠でトレードできるので、効率の良い資金運用が可能です。しかし、信用取引では一般的な売買手数料以外にも金利手数料が発生しますので、トレードを始める前に金利手数料について知っておくことが重要です。また、株式売買の経験がないと信用取引はできませんので、ある程度の実績も必要になってきます。

信用取引にかかる金利コスト

信用取引では金利手数料がかかるという基本には、証券会社との間で株式とお金の貸し借りが発生するからです。お金を借りた時には金利手数料が発生するのと同じように、株式を借りても金利手数料が必要になるのです。信用取引の買いを行う場合は証券会社からお金を借りるという行為になり、信用取引の売りを行う場合は証券会社から株式を借りて空売りするということになります。金利手数料は各証券会社によって異なっていますので、自分のトレードスタンスによって選ぶことがポイントです。

証券会社の金利手数料を比較しよう

信用取引を行う前に自分のトレードスタンスを確認してから証券会社を選ぶようにすると良いでしょう。1日に何回も取引をしたい人は、金利手数料がかからない証券会社を選ぶと資金効率が良いのでおすすめです。また中長期のスイングトレードをしたい方は長期で必要な金利手数料が少ない証券会社を選ぶのがポイントになるでしょう。それぞれのトレードスタンスによって証券会社を使い分け、より効率の良い資産運用を心掛けましょう。

株の信用取引の金利について気にかけている方はとても多いです。金融商品を取り扱っているサイトで情報収集を行って、相場を調べる方法は効果的です。