借金がもう返せない!自己破産の種類と弁護士費用

自己破産には種類がある

一言に自己破産といっても、大まかに2つ種類があります。それは同時廃止事件と管財事件。2つの違いを簡単に言うと破産を申し立てる人に処分出来る財産があるかどうか、免責不許可事由に該当するかどうかです。ただ自己破産をする人は借金の返済が出来なくなっているのですから、ほとんどが同時廃止事件になっているようですね。インターネットで調べてみると自己破産のほぼ9割が同時廃止事件だそうですよ。同時廃止事件は自己破産の開始決定と同時に破産を終結させる手続きです。

自己破産は弁護士に依頼するのがベスト!

自己破産を申し立てるとなると裁判所への様々な書類の提出や債権者の対応など煩わしい手続きがあるので、専門の弁護士に依頼するのが良いでしょう。自己破産にかかる費用は裁判所にかかる費用と弁護士にかかる費用があります。お金がないから自己破産するのにその為にもお金がかかる・・・まったく理不尽です。中には自分で勉強して自己破産申し立てをする方もいるようですが、法的な手続きとなるとやはり大変なことですから費用がかかっても弁護士さんにお願いした方が良いです。

弁護士費用は事務所によって違う

自己破産の申し立てにかかる費用は20万~40万と言われます。この金額の幅は破産申し立てをする債権者の数や事務所により異なります。この金額だけを提示されたらぎょっとしてしまいますが、ほとんどの法律事務所が費用の分割払いに対応してくれます。お金がなくて自己破産するわけですからそこは柔軟に対応してくれます。もし今返せない借金で悩んでいるとしたら、初回相談は無料でしてくれる弁護士さんに早めに相談することをおすすめします。

士業の資格を持っている人が自己破産を行う時は、そのことによってその資格が剥奪されることがありますので注意して欲しいです。